FC2ブログ

こんな大人になるハズじゃなかった・・・

人生も、とっくに折り返し、この世に生を受けて早や半世紀超。「こんな大人になるハズじゃなかった・・・」気はするが、こんな大人になった今が一番楽しいw__ ※※当ブログは、2016年6月25日をもって終了致しました※※

ルチアのおすすめ
ももじゃむ ロイヤル劇場 ダックスフント短足バンド

2018/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

劇団「彗」第19回公演「星巡り」観劇

星巡り

最近お気に入りの岐阜の舞台女優さん今泉蜜柑さんが所属する劇団「彗」。
やっと観れましたw

蜜柑さんの出演部分についてはまた次回に書くことにしまして、今回はまずこのお芝居そのものについて。
ええ、わざわざ別で書くには理由があるからですね。
つまりは、私から観た評価が作品と蜜柑さんで真逆だからです。
まあ、私の勝手な思い入れによる勝手な感想なので、関係各位様は聞き流して下さいませ。

「星巡り」と題されたお芝居ですが、どうやら、あの世界的に超有名な「星の王子様」を元にしているお話との事で。
実は、私、この「星の王子様」については、随分と思い入れもあり、大好きな作品でもありますので、「下手な事したら承知せんからな!」って言う気持ちがあるわけです。

で、結果、今回のお芝居は、私から観ると。
何度も言いますが、あくまで、「私から観ると」です。
「やっちまったなー」
って感じで。

まさしく「下手な事すんじゃねーよ」っていう典型。
いっそ、モチーフだけにして90%以上が創作っていうならまだしも、少々、やり過ぎ感が否めません。

少し脱線しますが、私の中で「星の王子様」は、もちろん原作本もあるんですが、なんたって、2003年8月と2005年8月に上演されたミュージカル版。
当時まだ10代の可愛い盛りでもあったあの宮崎あおいさんが主演されました。
あの舞台を私は初演も再演も実際に観に行きまして、深く感銘を受けたものです。

なので。
あの時の鮮烈なイメージが残っており、こうして今回舞台化されたものを観ると、どうしたって思い出して、ダブらせるわけです。
ええ、ダブらせるようなシーンがあり過ぎて、「なんてことするんだ」になっちゃったワケですね。

演出家の方が「似て非なるもの」と表現されましたが、出来れば「まったく似てない別物」にして欲しかった。
下手に似てるから余計に気になっちゃうわけです。

で、今泉さん始め、演者の皆さんはとっても良かったんです。
あれだけ素晴らしい演者さんたちに何をさせるのかと。
そんな気持ちだったワケです。

飛行機の造型も素晴らしかったし、ラストシーンは素晴らしかった。
「星の王子様」に拘らなくても良かったんじゃないかと思いますが、そうもいかなかったんですかねぇ。

関係者の皆さん、すんませんです。
何度も申し上げますが、演劇ド素人の私の個人的な勝手な感想ですので、どうぞご容赦下さいませ。

次回は、打って変わって。。。。蜜柑さん絶賛記事です。
すんませんです。

(つづく)
関連記事

テーマ:演劇 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィールです♪

ルチア

Author:ルチア
♪ ♪ ♪

歌が上手な人に惚れ。
美しい歌声に惹かれ。
キレイな音を奏でる人に、ココロ奪われ。
素敵な旋律に癒やされ。
優しく歌う人が好きです。
夢を歌う人が好きです。

そんな方々のコトを中心に、後は、その時々に興味を持った諸々のことを書いております。

最近は、地元岐阜ネタも多いです。
地元岐阜再発見です。

※HNの由来
敬愛するオペラ歌手、故ルチアーノ・パヴァロッティ氏から、勝手に拝借しております。

ご訪問累計カウンター♪

ただ今、閲覧中の方♪

現在の閲覧者数:

皆様のコメント感謝です♪

お気に入りのリンクです♪ ぜひ、一度!

このブログをリンクに追加する

ブログ内の検索です♪

カテゴリーです♪

月別アーカイブです♪

最近記事です♪

RSSフィード