FC2ブログ

こんな大人になるハズじゃなかった・・・

人生も、とっくに折り返し、この世に生を受けて早や半世紀超。「こんな大人になるハズじゃなかった・・・」気はするが、こんな大人になった今が一番楽しいw__ ※※当ブログは、2016年6月25日をもって終了致しました※※

ルチアのおすすめ
ももじゃむ ロイヤル劇場 ダックスフント短足バンド

2018/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ミュージカル映画特集 - ジャズで踊って@シネマヴェーラ渋谷

シネマヴェーラ

3/19、上京する事は決まってて、用事は夜なので昼間どうするかと思い、せっかくの東京、きっと観たい映画くらいやってるハズと検索したら、これにヒット!
前にも少し書いた事ありますが、以前一時期こんなミュージカル映画にハマってまして。
とは言え、さほどいっぱい観たワケでもなく、観るとしてもTVかビデオで観たくらい。
なので、こんな機会に観られるならと、久し振りに渋谷の街へ。

映画館は、いわゆる名画座で、入場料1400円で2本立て、しかも自由席で入替なし!
素晴らしいです。
しかし、さすが東京で、こんな古い映画にも沢山のお客さん。
ほぼ満席に近いのではないでしょうか?

と、前置きが長くなりそうなので、さっそく感想です。


「気儘時代」(1938年)

なんたって、フレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースですよ。
まあ、当時の軽いミュージカル映画なので、お話はなんとも。
それにしても、友達から彼女を寝返らせてメデタシメデタシって言うのもなんですがw
とりあえず、そんなお話は置いておいて。
見どころは、言わずと知れたお二人のダンスシーン。
もう、それだけ観られればね。
それで充分な映画です。


「ニューオリンズ」(1947年)

なんでも日本では劇場未公開映画だそうで。
こちらもお話どうこう言うより、ふんだんに披露される演奏シーンがとにかく素晴らしいです。
私は、ジャズにはからっきし疎い人間で詳しい事はもちろん分かりませんが、そんなド素人の私が観ても素晴らしいって事は、それはもうホンモノなのでしょう。
もちろん、私でも知ってる演奏家の皆さん。
ルイ・アームストロングさん、 ビリー・ホリデイさんなどは名前くらい知ってます。
多分その他にも有名な演奏家さんたちが出演されているのだと思います。
そんな皆さんが存分に一流の演奏を聴かせてくれるだけでもこの映画は素晴らしい。
きっと、ジャズ好きな皆さんなら、私の数百倍楽しめる映画だと思います。


やっぱり、東京はいいなぁ。。。

関連記事

テーマ:音楽映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィールです♪

ルチア

Author:ルチア
♪ ♪ ♪

歌が上手な人に惚れ。
美しい歌声に惹かれ。
キレイな音を奏でる人に、ココロ奪われ。
素敵な旋律に癒やされ。
優しく歌う人が好きです。
夢を歌う人が好きです。

そんな方々のコトを中心に、後は、その時々に興味を持った諸々のことを書いております。

最近は、地元岐阜ネタも多いです。
地元岐阜再発見です。

※HNの由来
敬愛するオペラ歌手、故ルチアーノ・パヴァロッティ氏から、勝手に拝借しております。

ご訪問累計カウンター♪

ただ今、閲覧中の方♪

現在の閲覧者数:

皆様のコメント感謝です♪

お気に入りのリンクです♪ ぜひ、一度!

このブログをリンクに追加する

ブログ内の検索です♪

カテゴリーです♪

月別アーカイブです♪

最近記事です♪

RSSフィード