こんな大人になるハズじゃなかった・・・

人生も、とっくに折り返し、この世に生を受けて早や半世紀超。「こんな大人になるハズじゃなかった・・・」気はするが、こんな大人になった今が一番楽しいw__ ※※当ブログは、2016年6月25日をもって終了致しました※※

ルチアのおすすめ
ももじゃむ ロイヤル劇場 ダックスフント短足バンド

2018/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

昭和名作シネマ上映会~痛快!東映時代劇特集 其の3「海賊八幡船 」

海賊!

一週間も経ってしまいました。。。
いや、なんか、もう書いてたつもりでしたw

今回は「痛快!東映時代劇特集 其の3」です。
例によって、同特集の過去作品を振り返りましょう。

細かいことを言うと、「痛快!東映時代劇特集」はタイトル通り3回目ですが、その前に「東映時代劇特集」という特集も1回あったりします。
その「東映時代劇特集」が、2010年の4月で、「殿さま弥次喜多」(1960年)と「新吾二十番勝負」(1961年) の2本。
そして、「痛快!東映時代劇特集」が、2013年9月で、「水戸黄門 天下の副将軍」(1959年)と「家光と彦佐と一心太助」(1961年)、「痛快!東映時代劇特集 其の2 」が、2015年12月で、「丹下左膳」(昭和33年)と「忠臣蔵 桜花の巻・菊花の巻」(昭和34年)でした。

と、書いて来ましたが、こうしてタイトルを並べても、映画の内容をほとんど覚えてないw
正確に言うなら、何一つ覚えてませんw
観たかどうかすら覚えてないw
まあ、そんなモンです。

さて、そんな特集の「其の3」の第1週です。
前置きが長くなりましたので、さっそく感想です。


「海賊八幡船 」(昭和35年)

「かいぞくばはんせん」って読むんですねw
そこからです。
「海賊」なんて聞くと、最近ならゴーカイジャー、そしてなんと言ってもハーロックなんてのを連想してワクワクします。
しかも、それが時代劇っていうんですから。
これはもう、楽しい映画に違いない。

確かに大きな船での海戦というスケールの大きなシーンもあるんですが。
どうしても、船自体の動きが緩慢で。。。
「それ行けー!」なんて威勢のいい掛け声の後で、「ゆ~ったり」な感じで船が進んで行くわけですね。
まあ、大きな海賊船であっても、時代劇なので、基本手漕ぎなわけで。
そりゃ仕方ない。

まあでも、主演の大川さん。
やっぱり、ヒーロー顔ですねぇ。
特に今回は海賊船なんかに乗ってるから余計にヒーローっぽい。

あ、あと、海賊船が、敵方の船に正面から激突していくなんていう、ハーロックを思い出す海賊戦法が出て来て、ちょっと嬉しかったですねぇ。

ともあれ、なかなかに楽しい海賊映画でした。

関連記事

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィールです♪

ルチア

Author:ルチア
♪ ♪ ♪

歌が上手な人に惚れ。
美しい歌声に惹かれ。
キレイな音を奏でる人に、ココロ奪われ。
素敵な旋律に癒やされ。
優しく歌う人が好きです。
夢を歌う人が好きです。

そんな方々のコトを中心に、後は、その時々に興味を持った諸々のことを書いております。

最近は、地元岐阜ネタも多いです。
地元岐阜再発見です。

※HNの由来
敬愛するオペラ歌手、故ルチアーノ・パヴァロッティ氏から、勝手に拝借しております。

ご訪問累計カウンター♪

ただ今、閲覧中の方♪

現在の閲覧者数:

皆様のコメント感謝です♪

お気に入りのリンクです♪ ぜひ、一度!

このブログをリンクに追加する

ブログ内の検索です♪

カテゴリーです♪

月別アーカイブです♪

最近記事です♪

RSSフィード