FC2ブログ

こんな大人になるハズじゃなかった・・・

人生も、とっくに折り返し、この世に生を受けて早や半世紀超。「こんな大人になるハズじゃなかった・・・」気はするが、こんな大人になった今が一番楽しいw__ ※※当ブログは、2016年6月25日をもって終了致しました※※

ルチアのおすすめ
ももじゃむ ロイヤル劇場 ダックスフント短足バンド

2018/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スーパー戦隊シリーズ第30作「轟轟戦隊ボウケンジャー」DVDイッキ観

ボウケンジャー

今からちょうど10年前の2006年に放送されていたスーパー戦隊シリーズの記念すべき第30作の「轟轟戦隊ボウケンジャー」。
私がこのブログを始めた当初にそれこそ夢中で放送を観てまして、その放送の感想などの記事も何度も書いてます。
スーパー戦隊シリーズの中でもかなり好きな作品です。
シリーズ中どれが一番かとなると悩むところですが、今のところ、DVD全巻を揃えたのはこの「轟轟戦隊ボウケンジャー」だけですから、それくらいには好きな作品なワケです。

で、これまた揃えただけで満足しちゃって、改めて観るという機会が無かったんですが、このGW、諸事情により観る時間がたっぷりありましたので、思い切って全49話をイッキ観・・・とは言え、4日くらいに分けて観ましたけどね。

多分、放送当時に観て以来の再視聴だったと思いますが、10年前の作品ですが、今観ても本当に面白い。
少なくとも、今現在放送中の戦隊モノよりずっと面白かったですね。

当時は、なんたって、末永さん演じるさくら姉さんが好きで、私のこのブログでも何度もさくら姉さんの記事が書かれてあったりします。
今回、多分10年ぶりに観てみて、やっぱり、さくら姉さんは素敵だし、その他のメンバーも各々が全員素敵なんですよね。
レッドの高橋さんは今ではすっかり人気の俳優さんですが、この作品での「戦隊リーダー」としての役が実に素晴らしいです。
意外と、戦隊モノの中で、ここまでリーダーらしいリーダーって居ないんですよね。
しかも、絶対的リーダーの顔と同時に、かなり「崩れた」キャラも演じられていて(コスプレも多くw)、観てて楽しいです。

菜月の出生の秘密はもう少し引っ張ってもいいかなとも思いましたが、2回分でスッキリ収まってるので、あれ以上やっちゃうと蛇足にもなるのでもどかしい感じはあります。
いや、しかし、当時はさくら姉さんばかりに気持ちを持って行かれてましたが、今回見直してみて菜月ちゃんもかなり可愛いです。
今さらですけどねw

チーフ意外の男性メンバーも各々キャラがしっかりしてて、蒼太くんも、敵キャラのシズカちゃんとの絡みで魅せてくれたり、真墨くんの「闇」のエピソードはかなりじっくり描かれてたし、映士くんの出生であるアシュのお話もしっかり魅せてくれます。

ズバーンが出て来たあたりで、ちょっと変な方向に行っちゃいそうな気配もありましたけど、ちゃんと変な方向へ行く事もなく、最後までしっかり見れました。
トンガリ野郎が女の子だったっていう設定は、まあ当時も色々と思ったりしましたが、まあ、アレはアレで。

最終回も、いつも冷静なさくら姉さんが、宇宙までチーフについてっちゃうという恋愛的な情熱が見れたり、対して熱き冒険者のチーフはそうゆう面では鈍かったりなんてのも、らしくていいです。

ともかく。
全49話、最後まで飽きません。
なかなかこんな風に通して観る機会も無いですが、いい機会でした。

関連記事

テーマ:スーパー戦隊シリーズ - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィールです♪

ルチア

Author:ルチア
♪ ♪ ♪

歌が上手な人に惚れ。
美しい歌声に惹かれ。
キレイな音を奏でる人に、ココロ奪われ。
素敵な旋律に癒やされ。
優しく歌う人が好きです。
夢を歌う人が好きです。

そんな方々のコトを中心に、後は、その時々に興味を持った諸々のことを書いております。

最近は、地元岐阜ネタも多いです。
地元岐阜再発見です。

※HNの由来
敬愛するオペラ歌手、故ルチアーノ・パヴァロッティ氏から、勝手に拝借しております。

ご訪問累計カウンター♪

ただ今、閲覧中の方♪

現在の閲覧者数:

皆様のコメント感謝です♪

お気に入りのリンクです♪ ぜひ、一度!

このブログをリンクに追加する

ブログ内の検索です♪

カテゴリーです♪

月別アーカイブです♪

最近記事です♪

RSSフィード