FC2ブログ

こんな大人になるハズじゃなかった・・・

人生も、とっくに折り返し、この世に生を受けて早や半世紀超。「こんな大人になるハズじゃなかった・・・」気はするが、こんな大人になった今が一番楽しいw__ ※※当ブログは、2016年6月25日をもって終了致しました※※

ルチアのおすすめ
ももじゃむ ロイヤル劇場 ダックスフント短足バンド

2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

映画「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」

変態仮面

まさかの、あの映画の続編w
さすがにこのニュースを知った時はビックリでしたw

なので。
さっそく初日の初回上映に出掛けましたw
ええ、もう随分と前ですね。

では、さっそくネタバレありの感想です。


前作は、名古屋のシネマスコーレの小さなスクリーンで、満席のお客さんたちと全編通してゲラゲラ笑いながら観たものですが、今回は、TOHOシネマズの大きなスクリーンで、圧倒的に空席の方が多い状況。
これだと、面白くても一人でゲラゲラ笑うのもなんだしねぇ。。。

いや、もう、終始ホントに楽しくて面白くて、笑ってしまうシーンの連続な素晴らしい映画なんですよ。
でもねぇ。。。やっぱり、前作とは違うというか。
劇場の環境の差ももちろんあると思いますが、なんというか、前作は「大人」な映画だったのが、今作は、極端な言い方をすると、あの「クレヨンしんちゃん」のしんちゃんを大人にして実写化したような、そんな印象。
なんとなく、「変態=SM嗜好」という感じも気になります。
ひと口に「変態」と言っても色々あると思うんですけどねぇ。。。やっぱり、SMって言うのが分かりやすいんでしょうか?

あと、今回の敵キャラ役の柳楽さん。
登場シーンあたりでは、ものすごく期待させるキャラだったのに、どうにも「変態」というより「マトモ」なんですよねw
なので、前作の「変態VS変態」の、「どっちがより変態か」という、クソどうでもいい対決の面白さが無かったんですよ。
あの、変態仮面の必殺技である、股間を押し付ける変態技で、たいていの「マトモ」な敵はそれにKOされてしまうんですが、柳楽さん演じる新キャラには通用しない。
そこまでは良かったんですが、せっかくそこまでやりながら、結局「効かない」だけなんですよ。
どうせなら、「効かない」だけじゃなくて、「おいなりさん」を押し付けられて、むしろ「悦ぶ」ような変態キャラだったらもっと面白かったなとw
やっぱアレですかねぇ。。。SMは良くても、「変態」をLGBT方面へ持って行くと問題が発生したりするんでしょうかねぇ。
分かりませんが。。。

とにかく、今作は、クレしん的お下劣ネタは楽しいのですが、あの前作の屋上での変態対決には及ばない気がします。

ま、とは言え。
「コレは、コレでw」

あ、でも、相変わらず、愛子ちゃんは可愛かったですねぇ!!!
それと、あの『特命戦隊ゴーバスターズ』の敵役エスケイプさんの水崎さん。ハマリ役かもw

関連記事

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィールです♪

ルチア

Author:ルチア
♪ ♪ ♪

歌が上手な人に惚れ。
美しい歌声に惹かれ。
キレイな音を奏でる人に、ココロ奪われ。
素敵な旋律に癒やされ。
優しく歌う人が好きです。
夢を歌う人が好きです。

そんな方々のコトを中心に、後は、その時々に興味を持った諸々のことを書いております。

最近は、地元岐阜ネタも多いです。
地元岐阜再発見です。

※HNの由来
敬愛するオペラ歌手、故ルチアーノ・パヴァロッティ氏から、勝手に拝借しております。

ご訪問累計カウンター♪

ただ今、閲覧中の方♪

現在の閲覧者数:

皆様のコメント感謝です♪

お気に入りのリンクです♪ ぜひ、一度!

このブログをリンクに追加する

ブログ内の検索です♪

カテゴリーです♪

月別アーカイブです♪

最近記事です♪

RSSフィード